シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

 非鋼繊維補強覆工コンクリートの計画について-覆工の剥落防止における最適な非鋼繊維の選定-

作成年度 2004年度
論文名 非鋼繊維補強覆工コンクリートの計画について-覆工の剥落防止における最適な非鋼繊維の選定-
論文名(和訳)
論文副題 平成16年度(技-20)
発表会 平成16年度技術研究発表会
誌名(No./号数) 平成16年度技術研究発表会
発表年月日 2005/02/01
所属研究室/機関名 著者名(英名)
室蘭開発建設部 有珠復旧事務所前田 公治(MAEDA Kouji)
室蘭開発建設部 有珠復旧事務所荒野 広(ARANO Hiroshi)
室蘭開発建設部 有珠復旧事務所佐野 敦志(SANO Atsushi)
抄録
一般国道230号三豊トンネル(仮称)では、有珠山再噴火に伴う地震等による覆工コンクリートの損傷を防止するため、覆工コンクリートに繊維補強コンクリートを採用する計画とした。繊維補強コンクリートは、従来、鋼繊維を混入することが主流であったが、施工性や錆び、爆裂、コスト等の問題から非鋼繊維の利用について開発が進み、現在注目されつつある。本工事では、いくつかの非鋼繊維と鋼繊維を用いて配合を検討し、総合的に判断して最適な繊維の選定を行った。本報告は、これら非鋼繊維補強覆工コンクリートの繊維選定について述べるものである。
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.