シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

 2004年1月豪雪時における北見市内町内会の対応からみた地域コミュニティのあり方に関する研究

作成年度 2004年度
論文名 2004年1月豪雪時における北見市内町内会の対応からみた地域コミュニティのあり方に関する研究
論文名(和訳)
論文副題 平成16年度(協-22)
発表会 平成16年度技術研究発表会
誌名(No./号数) 平成16年度技術研究発表会
発表年月日 2005/02/01
所属研究室/機関名 著者名(英名)
坂憲浩
林実雄
高橋清
抄録
2004年1月13日夜から16日早朝にかけて、全道的に暴風雪や大雪となり、特にオホーツク海側の北見地方では、記録的な大雪となった。北見市では、積雪171cmを記録し、観測以来最高の記録となった(過去の記録117cm)。また、オホーツク海側や札幌で強い風が吹き、最大風速や最大瞬間風速の記録も更新した。この暴風雪や大雪によって、交通機関が麻痺するとともに、電気・水道等のライフライン、そして、農業や水産業に被害が生じた。一般国道の通行止めは、20路線37区間延長L=842kmに及んだ。中でも、地域住民の生活に直結する生活道路の除排雪は困難を極めた。今後、現在の都市構造や住民ニーズの多様化により、より高いレベルの除雪サービスを確保するには、既存の行政に依存した除雪体制だけではなく、住民も含めた官民協働での体制づくりが重要であると考えられる。本研究では、雪に強い地域・街づくりに向けて、2004年1月豪雪による住民への影響や道路除排雪に対する意識から官民協働について考察し、防災面からみた地域コミュニティのあり方の方向性を示すことを目的とする。
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.