シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

 積雪寒冷地の酪農地帯における環境・資源循環システムの研究開発-5.総合的な取り纏めと評価-

作成年度 2004年度
論文名 積雪寒冷地の酪農地帯における環境・資源循環システムの研究開発-5.総合的な取り纏めと評価-
論文名(和訳)
論文副題 平成16年度(指-4)
発表会 平成16年度技術研究発表会
誌名(No./号数) 平成16年度技術研究発表会
発表年月日 2005/02/01
所属研究室/機関名 著者名(英名)
抄録
家畜ふん尿をメタン発酵するバイオガスプラントはデンマークやドイツ等で普及している施設であるが、北海道においてもカーボンニュートラルなエネルギーを産出することからバイオマスニッポン総合戦略、食品リサイクル法あるいは家畜排泄物法の追い風を受け、増加しつつある。しかし、デンマーク等と北海道では各種条件が異なり、外国の技術をそのまま導入することは出来ない。「積雪寒冷地における環境・資源循環プロジェクト」は、メタン発酵施設等により家畜ふん尿に含まれる肥料及びエネルギー資源の有効活用を図るとともに環境の保全をめざすもので、①積雪・寒冷地での、②地域の飼養形態に即した敷き料の混合した固形ふん尿も処理対象とする、③共同利用型、のバイオガスプラントの実証試験である。試験は2000年度に別海と湧別の資源循環試験施設を建設し、2001年度~2004年度の5カ年で実施しており、本年度はその最終年度で、総合的な取まとめを行う。
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.