シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

 融雪期における切土のり面に関する調査研究(継続)

作成年度 1976年度
論文名 融雪期における切土のり面に関する調査研究(継続)
論文名(和訳)
論文副題 昭和51年度(A-1)
発表会 S51年度技術研究発表会
誌名(No./号数) S51年度技術研究発表会
発表年月日 1977/02/25
所属研究室/機関名 著者名(英名)
抄録
最近、道路に対する社会的要請として、走行車輌の安全性や走行性、さらに、周辺の環境保全などが取り上げられてきているが、道路切土のり面も、その重要な対象のひとつと考えられる。積雪寒冷地である北海道の道路切土のり面は融雪期に崩落することが多く、このような崩落は、のり面の美観を損う小規模な損傷にとどまらず、場合によっては車輌走行に障害となるような大規模な崩落になることもある。これらの崩落は、土層、土質や地形条件などのほか、融雪浸透が地下水や浸透水圧の上昇、それに、湧水やのり面の土のセン断強度低下をもたらすことなどによって発生したり、気象と土質が主因となる凍土・凍結融解により発生するなど様々な要因・機構で生起することが推定され、また、いろいろな崩落形態が見られる。現在、このような切土のり面崩落に対する適切な対策工法の採択基準の設定が強く望まれている。これらの背景より、本課題は積雪寒冷地における切土のり面の勾配や対策工法などの適切な選定基準の確率をすべく、昭和49年度から北海道開発局技術研究発表会の指定課題のひとつとして調査を継続して行なっているものである。本年度の調査に当たっては、現在までの経緯に基づき再度検討した結果、次に示すような方針にしたがい調査研究を進めることにした。
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.