シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

 4車線・2車線道路のすり付け区間の交通現象について

作成年度 1976年度
論文名 4車線・2車線道路のすり付け区間の交通現象について
論文名(和訳)
論文副題 昭和51年度(B-11)
発表会 昭和51年度技術研究発表
誌名(No./号数) 昭和51年度技術研究発表
発表年月日 1977/02/25
所属研究室/機関名 著者名(英名)
鈴木伸二
清崎晶雄
高森衛
抄録
道内の一般国道は、交通量の増大対策および交通安全確保のため、2車線道路から4車線道路に年々整備が進められている。その改築箇所では既存の2車線道路とのすり付けが必要となる。しかしながら、すり付け区間においては車線数の減少によって走行車両の競合が起り易く、このような区間についての適切な路面標示を行なうことが必要である。本文は、すり付け部の路面標示方法が異なる苫小牧市明野と美唄市光珠内において、すり付け部の交通現象の実態を調査し、すり付け区間の適切な路面標示を検討するための基礎資料とするものである。
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.