シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

 高強度コンクリートの諸性質に関する実験

作成年度 1978年度
論文名 高強度コンクリートの諸性質に関する実験
論文名(和訳)
論文副題 昭和53年度(A-15)
発表会 昭和53年度技術研究発表
誌名(No./号数) 昭和53年度技術研究発表
発表年月日 1979/02/23
所属研究室/機関名 著者名(英名)
大西弘之
辻忠志
岡村武
抄録
コンクリートは他の材料にはないいろいろな長所をもっており、鉄筋や鉄骨との組み合わせやプレストレスト工法の開発などで多面的利用が進み、特に強度に対する期待は大きい。中でも構造物スパンの長大化、複雑化などによる高強度コンクリートは時代の要求となっている。一般に高強度コンクリートは圧縮強度で500㎏/㎝2以上のものをさし、その製造方法としては主に①高性能減水剤を用いるもの、②オートクレーブなど特殊養生によるもの、③加圧形成によるものなどがある。本報告は高性能減水剤を用いて水セメント比を小さくして高強度コンクリートを製作し、その諸性質について試験調査したものである。
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.