シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

 鹿の子ダム水理模型実験報告

作成年度 1978年度
論文名 鹿の子ダム水理模型実験報告
論文名(和訳)
論文副題 昭和53年度(D-14)
発表会 昭和53年度技術研究発表
誌名(No./号数) 昭和53年度技術研究発表
発表年月日 1979/02/23
所属研究室/機関名 著者名(英名)
三原孝二
竹本成行
郡義和
抄録
本実験は、常呂川の上流に建設中である鹿ノ子ダムの余水吐、及び放流管施設についてその水埋機能を検討し、設計の基礎資料とするために52年度より2年間実施したものである。初年度は、放流管について、その放流能力、負圧の有無についての検討を行った。2年目は、クレスト洪水吐と放流管一体とした模型により、余水吐の放流能力、負圧の有無、、減勢効果、デフレクターの形状等の検討を行った。本文は、これら検討項目について、水埋模型実験を行った結果をとりまとめたものである。
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.