シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

 鷲別横断歩道橋の工事報告

作成年度 1974年度
論文名 鷲別横断歩道橋の工事報告
論文名(和訳)
論文副題 昭和49年度(B-7)
発表会 S49年度技術研究発表
誌名(No./号数) S49年度技術研究発表
発表年月日 1974/04/01
所属研究室/機関名 著者名(英名)
八木憲一
前川静男
宮部英一
宮本行観
抄録
本横断歩道橋は、登別市鷲別地内の室蘭新道起点より100m苫小牧側に位置し、日の出ランプとの距離も近く道々、室蘭環状線も交通の需要に答えて、4車拡巾を51年度完成目ざし、工事の最中である。将来これら二つの道路が開通すれば、かなりの混雑が予想され、最も重要な交差点になる場所である。横断歩道橋に対する考え方について、昔は安全性、経済性、施工性等、機能的なものだけの考えであったが、最近の考え方として、歩行者だけでなく、自転車、乳母車、買物車、身体障害者等も抵抗なく利用できる使いやすさ、環境との調和等、広汎な利用度を高めるものに変わりつつ有る。特に鷲別交差点については将来、室蘭新道及び道々室蘭環状線の開通とともに非常に交通のネックになる事が想定されるので、高度なサービスをもった横断施設というものを考えるに至った。
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.