シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

 惠岱別ダム余水吐放水路模型水理実験(中間報告)について

作成年度 1963年度
論文名 惠岱別ダム余水吐放水路模型水理実験(中間報告)について
論文名(和訳)
論文副題 昭和37年度(37)
発表会 昭和37年度技術研究発表会
誌名(No./号数) 昭和37年度技術研究発表会
発表年月日 1963/08/01
所属研究室/機関名 著者名(英名)
森正秋
広田郁男
抄録
惠岱別ダムは青山ダムおよび尾白利加ダムとともに雨竜郡における農業用水確保のため、現在札幌開発建設部によって建設中のアース・ダムである。ダムの規模は高さ35.50m、長さ168.85mで湛水面積は41ha4,357,000m3の貯水をせんとするものである。本実験はダムにおける余水吐についてその水理学的な機能構造を検討したものである。余水吐はダム右岸に位置し、長さ320m、幅員10~20mのコンクリート製のシュート・スピルウエイで設計洪水量は200年確率雨量による洪水量350m3/secである。
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.