シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

 砂礫の管内輸送について

作成年度 1964年度
論文名 砂礫の管内輸送について
論文名(和訳)
論文副題 昭和38年度(37)
発表会 昭和38年度技術研究発表会
誌名(No./号数) 昭和38年度技術研究発表会
発表年月日 1964/10/01
所属研究室/機関名 著者名(英名)
森正秋
抄録
管中における土砂輸送は流送土砂の粒径により、流送の状態が異なる。シルトを含む細砂のみであれば、管中を浮遊して運搬されるが、粒径が大となれば土砂は完全に水と分離するようになり、管底を摺動して輸送されるようになり、輸送効率は前者に比して一段と低下する。摺動輸送については現在の段階では、まだ理論的裏付けや、完全に普遍性のある実験結果はでていないようである。本文は土木試験所河川研究室で行なった苫小牧の内港堀込工事におけるポンプ浚渫の模型実験についての報告である。
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

© 2023 Civil Engineering Research Institute for Cold Region, All rights reserved.