シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

 河床変動に関する調査研究(第3報)

作成年度 1968年度
論文名 河床変動に関する調査研究(第3報)
論文名(和訳)
論文副題 昭和42年度(Ⅵ)
発表会 昭和42年度技術研究発表会
誌名(No./号数) 昭和42年度技術研究発表会
発表年月日 1968/12/01
所属研究室/機関名 著者名(英名)
抄録
この調査の目的は河道計画を策定する場合の大きな要素である河床の安定に関する必要な資料を収集解析、適性な河道計画の設計に役立たせようとすることにある。昭和42年度はこれまでの成果を基礎に高水時の流砂量観測の質的向上、測定項目の増大、計算条件の改善等がとり上げられた。すなわちこれまでほとんど測定の行なわれなかった浮遊流砂の粒度分布が今回からあらたに調査項目に加えられ、平衡河床の縦断形状の計算は今年から河川の実情を考慮し複断面形状としてとり上げられた。また土木試験所により粘性土河床変動の実験的研究が前年度に引き続いて研究され、河床変動に関する調査研究は年1年と着実にその成果を積み重ねつつある。
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.