シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

 1968年十勝沖地震による道内官庁建物の被害調査について

作成年度 1969年度
論文名 1968年十勝沖地震による道内官庁建物の被害調査について
論文名(和訳)
論文副題 昭和43年度(93)
発表会 昭和43年度技術研究発表会
誌名(No./号数) 昭和43年度技術研究発表会
発表年月日 1969/12/01
所属研究室/機関名 著者名(英名)
野田健吉
渡辺幸雄
赤木春雄
抄録
1968年十勝沖地震はマグニチュード7.8で新潟地震を上まわる規模のものであったが幸い私立函館大学のような例外を除いて道内の被害は軽微であった。当営繕部においては地震発生の翌日から道内の官庁建物の被害調査を行ったが、その結果をとりまとめて今後の耐震設計の参考に供したい。
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.