シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

 2試料混合による粒度規制の手順について

作成年度 1969年度
論文名 2試料混合による粒度規制の手順について
論文名(和訳)
論文副題 昭和43年度(66)
発表会 昭和43年度技術研究発表会
誌名(No./号数) 昭和43年度技術研究発表会
発表年月日 1969/12/01
所属研究室/機関名 著者名(英名)
宗好秀
山野隆康
坂田資宏
抄録
粒度の異なる土質材料を混合して使用することにより、構造物の安定度を高め、かつ施工能率を増進させるという積極的な工法が、最近本道でも用いられるようになってきた。しかし混合材料に対する物理、力学的性質を、室内土質試験によって判定する場合、必ず行なわれなければならないのが試料混合であるが、粗粒の砂利などを大量に扱うとき、供試体個々の粒度を正確に規制するのは困難なものである。この種の悩みは、筆者らだけのものでないはずであるが、具体的な手順を解説した文献も見あたらないように思う。ここに、筆者らがフィルダム築堤材料の試験にあたり、最近発案した手法を紹介し、諸兄のご批判を仰ぎたいと考える。なお記述を簡単にするため、含水比や加積通過率など、百分率で示される値はすべて小数位のまま用いることにする。
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.