シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

 風化岩盤ののり面処理について-プレストレスを導入したのり面処理工について-

作成年度 1970年度
論文名 風化岩盤ののり面処理について-プレストレスを導入したのり面処理工について-
論文名(和訳)
論文副題 昭和44年度(B-19)
発表会 昭和44年度技術研究発表会
誌名(No./号数) 昭和44年度技術研究発表会
発表年月日 1970/12/01
所属研究室/機関名 著者名(英名)
戸島英之
大谷光信
抄録
切土のり面の設計については、地質、成層状態、湧水等不確定な要素が種々介在し、理論的な体系に基づき決定されることは少なく、単に経験的な判断に立ち決定されることが多い。特に風化岩の切土のり面については、土工費を左右し、完成後の維持等にも問題を多くのこしているのが現状である。定山溪国道に於いても種々の岩相があり問題が多かった。特に問題となった風化岩のうちで長大のり面で節理の発達が著じるしく、随所にすべり粘土を介在している岩盤ののり面処理、及び凝灰質緑色泥岩でのり面成形後雨水等により風化作用を受け盤ぶくれ、崩壊等をくりかえす風化岩について施工例を報告するものである。
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.