シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

 真駒内屋内スケート競技場の音響改修について

作成年度 1972年度
論文名 真駒内屋内スケート競技場の音響改修について
論文名(和訳)
論文副題 昭和46年度(G-5)
発表会 昭和46年度技術研究発表会
誌名(No./号数) 昭和46年度技術研究発表会
発表年月日 1972/11/01
所属研究室/機関名 著者名(英名)
三宅勇
豊田長頴
抄録
第11回札幌オリンピック冬季大会の競技(アイスホッケー、フィギュアスケート)および閉会式に使用された真駒内屋内スケート競技場は、文部省の発注により中山克己建築設計事務所が設計し、北海道開発局営繕部が工事の発注および、監理をした国立競技場である。今回の報告は、アイスアリーナが直径103mの円形プランであることや、ドーム状の天井に覆わている事等、特異な形状を持ち、さらに気積110,000m3をこえる大規模な施設の音響的性状と、1年前の冬季国際スポーツ大会(プレオリンピック大会)等の競技会に使用した状況から、音響特性の向上を必要としたが、改良に至る経由とその効果について報告するものである。
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.