シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

 波形鋼板手延べ桁を用いた押出し架設工法の開発-北海道縦貫自動車道鳥崎川橋-

作成年度 2007年度
論文名 波形鋼板手延べ桁を用いた押出し架設工法の開発-北海道縦貫自動車道鳥崎川橋-
論文名(和訳)
論文副題 平成19年度(コ-4)
発表会 平成19年度技術研究発表会
誌名(No./号数) 平成19年度技術研究発表会
発表年月日 2008/02/01
所属研究室/機関名 著者名(英名)
小林良
持田淳一
武田勇光
抄録
北海道縦貫自動車道の鳥崎川橋は、二級河川鳥崎川を跨ぐ橋長554m、最大支間長56mのPC11径間連続波形鋼板ウェブ箱桁橋で、押出し工法により架設した。本橋では、架設工法のコスト縮減、架設期間の短縮等を含む架設工法の合理化を目的に、従来のPC橋押出し架設に用いられる鋼製架設手延べ桁の代わりに、本体構造である波形鋼板ウェブに鋼上弦材及び超高強度繊維補強コンクリート製の下弦材で構成される手延べ桁を用いた押出し架設を採用している。波形鋼板手延べ桁を使用した押出し架設は初めての試みであるため、本構造の採用に当っては実物大等の各種実験及び解析検討結果を踏まえて設計・施工を実施した。本報告では、波形鋼板手延べ桁による押出し架設工法の概要及び波形鋼板手延べ桁の構造、押出し架設状況・組立て、押出し架設の現場状況並びに押出し架設時に使用した外ケーブルの完成時の転用等について記述する。
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.