シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

 除雪出動基準の見直しによるコスト縮減効果について-車道除雪方法に関する試行の拡大-

作成年度 2007年度
論文名 除雪出動基準の見直しによるコスト縮減効果について-車道除雪方法に関する試行の拡大-
論文名(和訳)
論文副題 平成19年度(コ-7)
発表会 平成19年度技術研究発表会
誌名(No./号数) 平成19年度技術研究発表会
発表年月日 2008/02/01
所属研究室/機関名 著者名(英名)
吉岡宏昌
廣瀬祐嗣
渋田貢司
抄録
北海道にとって冬道対策は、暮らしや経済の根幹に関わる極めて重要なものである。北海道開発局では現在、試行的に国道の除排雪のさらなる効率化に取り組んでおり、今後も地域ニーズや道路利用者、関係機関の意見を踏まえ、よりよい冬期道路環境を作るための様々な試行に取り込んで行く必要があるため、平成18年度の冬道対策として、下記の取り組みを実施した。(1)メリハリをつけた除排雪の試行の拡大①車道除雪:除雪方法に関する試行の拡大②凍結路面対策:路面管理の効率化と強化③交差点除排雪:除排雪強化の拡大(2)道路利用者への分かりやすい道路情報提供①道路利用者への国道・道道の通行止め情報提供②峠画像や気象情報をリアルタイムに情報提供(3)国と地域が互いに協力し合う除雪体制①豪雪など異常気象時における関係行政機関の除雪協力②国と道との協力による除雪の効率化(試行)。このうち深川道路事務所では「(1)メリハリをつけた除排雪の試行の拡大」の一環として、限られた予算の中で効率的な除雪を行うためには、コスト縮減を行う必要があり、今まで一律であった新雪除雪の出動基準を見直し、市街地と郊外地の交通量に応じたメリハリをつけた車道除雪方法によるコスト縮減を図るための検討及び試行を行ったものである。
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.