シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

 北海道における酪農関連品物流の現状について

作成年度 2007年度
論文名 北海道における酪農関連品物流の現状について
論文名(和訳)
論文副題 平成19年度(コ-17)
発表会 平成19年度技術研究発表会
誌名(No./号数) 平成19年度技術研究発表会
発表年月日 2008/02/01
所属研究室/機関名 著者名(英名)
川内宏哉
早川篤
首藤敦
抄録
北海道は、広大な土地を活かして大規模な酪農業を展開しており、我が国の食料供給基地として重要な役割を担っている。北海道で生産された酪農品の多くはフェリー、RORO船等を利用して道外へ出荷され、また、生産資材として使われる肥料や飼料等についても大型バルク船舶等を利用して大量に輸入しており、港湾は酪農業と密接に関連している。そこで、本研究では、北海道における酪農関連品物流の現状を把握し、今後の物流の変化や動向に対応した港湾整備について検討するものである。
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.