シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

 切土法面直下の路側に設置された防護柵にかかる堆雪圧

作成年度 2007年度
論文名 切土法面直下の路側に設置された防護柵にかかる堆雪圧
論文名(和訳)
論文副題 平成19年度(ふ-7)
発表会 平成19年度技術研究発表会
誌名(No./号数) 平成19年度技術研究発表会
発表年月日 2008/02/01
所属研究室/機関名 著者名(英名)
伊東靖彦
山田毅
加治屋安彦
抄録
北海道では高規格幹線道路が伸長し、当初平地が中心であった路線も、山間部での建設が増えてきている。一般にガードレール等防護柵は車両の転落を防ぐために設置され、これまで主として車両の逸脱防止を目的に盛土部分に設置されてきた。これに加えて高規格幹線道路では、非常電話や照明柱、カメラ支柱など道路付属物が多く、切土箇所でもガードレールが多く設置されている。この切土箇所において、春先の融雪後にガードレールの端部が破損し、脱落する事例が2004年春以降確認されている。これは堆雪、除雪、融雪等の雪の影響と考えられるが、切土法面に直下に設置されたガードレールに作用する雪圧変化について調査した事例はこれまでなく、その破損に至るメカニズムや時期、このときの応力等について未明である。そのためこれらの把握は、対策を検討するに当たりまず解決する課題となっている。そこで筆者らは被害報告のあった上川地方において、ガードレールの破損状況や部材にかかる応力について調査し、被害メカニズムの考察を行ったので報告したい。
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.