シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

 路面凍結予測手法の構築と冬期路面管理支援システムの試行運用

作成年度 2007年度
論文名 路面凍結予測手法の構築と冬期路面管理支援システムの試行運用
論文名(和訳)
論文副題 平成19年度(ふ-13)
発表会 平成19年度技術研究発表会
誌名(No./号数) 平成19年度技術研究発表会
発表年月日 2008/02/01
所属研究室/機関名 著者名(英名)
高橋尚人
浅野基樹
中野雅充
抄録
積雪寒冷な地域では、冬期の気温低下や降積雪によって雪氷路面が出現し、道路交通機能が低下する。冬期道路交通機能の確保は重要な課題であるが、他方、予算の制約もあり、冬期路面管理の一層の効率化も強く求められている。当研究所では、冬期路面管理の一層の効率化に資するため、道路管理者に気象予測情報、凍結予測情報等を提供する「冬期路面管理支援システム」の構築に取り組んでおり、2005年度冬期から札幌市内の国道を対象に試験運用を行っている。本稿では、路面凍結予測手法の概要と冬期路面管理支援システムの概要、試行運用の状況について紹介する。
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.