シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

 冬期走行環境の運転への影響と情報ニーズ

作成年度 2007年度
論文名 冬期走行環境の運転への影響と情報ニーズ
論文名(和訳)
論文副題 平成19年度(ふ-14)
発表会 平成19年度技術研究発表会
誌名(No./号数) 平成19年度技術研究発表会
発表年月日 2008/02/01
所属研究室/機関名 著者名(英名)
武知洋太
伊東靖彦
加治屋安彦
抄録
積雪寒冷地である北海道の冬期ドライバーは、道路構造及び視界、路面状況などが変化する厳しい環境での走行を強いられている。このため、リアルタイムな視界や路面状況、これらに基づく走りやすさに関する情報提供が、安全走行を支援する上で重要である。現在、国土交通省では道路の走りやすさマップが試行的に作成されており、北海道においても道路の車線数、カーブ・縦断勾配など静的情報から5ランクに分類された冬期道路の走りやすさが市街地部、郊外部・山地部別に公開されている。しかし現在公開されている走りやすさには、時間とともに変化する視界や路面状況は考慮されていない。リアルタイムな冬期道路の状況や走りやすさを提供するには、冬期走行速度に影響を及ぼす要因、その影響度、情報ニーズを明らかにすることが必要である。そこで、北海道の郊外平野部における走行速度と時間帯、季節、道路線形、視界及び路面状況の関係及び冬期道路の情報ニーズについて調査を行った。本文では、その結果を報告する。
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.