シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

 災害に強い防波堤構造に関する一考察

作成年度 2007年度
論文名 災害に強い防波堤構造に関する一考察
論文名(和訳)
論文副題 平成19年度(安-14)
発表会 平成19年度技術研究発表会
誌名(No./号数) 平成19年度技術研究発表会
発表年月日 2008/02/01
所属研究室/機関名 著者名(英名)
森信幸
尾田克人
抄録
防波堤災害は、海水温の上昇を伴う地球温暖化の影響で大型した低気圧や台風により近年頻繁に確認されるようになった。防波堤が被災すると、港湾・漁港施設の機能が著しく低下するだけではなく、波浪、高潮が港内に浸入し地域住民に対する安全が損なわれる。従って、「災害に強い防波堤構造の検討」は港湾施設の機能や安全性を確保する上からも重要である。防波堤災害の程度は、ケーソンが法線に沿って波状を呈して活動または転倒する状態が多く確認されている(蛇行災害)。風波による来襲波は短波長で波当りは各々のケーソンで異なるが、ケーソン同士は単独で機能しているため設計波を超える波浪が来襲したケーソンは被災し、設計波に満たないケーソンは被災を免れる状況が蛇行災害の発生要因であると推察する。本件は、来襲波に対しケーソン単体で防波するのではなく、防波堤を台形ケーソンの組合せによる連結したケーソン構造帯とすることで、災害に強い防波堤構造の可能性を考察する。
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.