シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

 自然的原因によるアルカリ性トンネル排水の対策技術(第2報)

作成年度 2007年度
論文名 自然的原因によるアルカリ性トンネル排水の対策技術(第2報)
論文名(和訳)
論文副題 平成19年度(環-7)
発表会 平成19年度技術研究発表会
誌名(No./号数) 平成19年度技術研究発表会
発表年月日 2008/02/01
所属研究室/機関名 著者名(英名)
田中正義
青木卓也
深谷弘明
抄録
一般国道39号武華トンネルでは、掘削時の地下水がアルカリ性であることが検知され、工事完成後の現在もそれが継続排出されている状況にある。このアルカリ性のトンネル排水は、トンネル掘削区間の地質に起因するという自然的原因によることから、自然環境を活用した対策技術を構築することが合理的であると考えられる。そこで、アルカリ性トンネル排水が、大気中の二酸化炭素の溶解や周辺の環境水との混合によって中和する過程を水質調査および地球化学的評価によって明らかにし、中和処理装置を設けることなく、自然の浄化機能を活用することでアルカリ水の影響を低減する対策について考察する。
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.