シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

 渓流河川における洪水時の魚道直上流部の流況特性に対する水制工設置の影響

作成年度 2007年度
論文名 渓流河川における洪水時の魚道直上流部の流況特性に対する水制工設置の影響
論文名(和訳)
論文副題 平成19年度(環-13)
発表会 平成19年度技術研究発表会
誌名(No./号数) 平成19年度技術研究発表会
発表年月日 2008/02/01
所属研究室/機関名 著者名(英名)
水環境保全チーム森田 茂雄(Shigeo Morita)
日本大学理工学部安田 陽一(Youichi Yasuda)
水環境保全チーム新目 竜一(Ryuichi Shinme)
抄録
魚類の遡上、降下環境の悪化は種々の要因によって生じるが魚が生活を全うするためには、河川の連続性が確保されなければならない。渓流河川に施工された堰堤に魚道を設置した場合、洪水時の砂礫の生産などによって魚道上流端に砂礫が堆積し、魚道としての機能を失う場合がある。現在の対策としては魚道上流部に水制を設置したり、魚道上流端に柵やスクリーンを設置するなどし、礫及び流木が魚道内に流入しにくいようにしているが、逆に堆積を促進させてしまう場合がある。河川と魚道の連続性を確保し、魚道の機能を維持するためには魚道形状、魚道の流入・流出環境を常時良好にすることが重要である。従来の魚道に関する研究では、通常時の流量を対象に魚道の流況特性が検討されていることが多い。洪水時については魚道断面を縦横断に台形断面とすることで砂礫が排出されやすいことは見いだされている。しかしながら、洪水時における魚道の流入・流出周辺の水理特性が明らかにされていないため、魚道の流入・流出環境を維持するための水理設計は確立されていない。特に、渓流河川の堰堤工作物などに設置された魚道の直上流部に水制工が設置された事例はあるものの水制工設置位置、設置長さ、魚道の開口高さによって魚道直上流部の流れがどのように変化するのか検討された例はない。また、堰堤の水通し袖部を貫通させて魚道が設置された場合の魚道の開口高さによって魚道内の流入流量がどのように変化するのか明らかにされていない。本研究では、水制工設置位置、設置長さ、魚道の開口高さによる魚道内の流入流量や魚道直上流部の流速変化特性を明らかにした。
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.