シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

 十勝川千代田新水路における魚道機能の検証について-階段式魚道・水路式魚道の魚類遡上状況-

作成年度 2007年度
論文名 十勝川千代田新水路における魚道機能の検証について-階段式魚道・水路式魚道の魚類遡上状況-
論文名(和訳)
論文副題 平成19年度(環-15)
発表会 平成19年度技術研究発表会
誌名(No./号数) 平成19年度技術研究発表会
発表年月日 2008/02/01
所属研究室/機関名 著者名(英名)
大西公彦
安藤道男
辻珠希
抄録
千代田新水路は十勝川河口から約43km上流側に位置し、十勝川中流部の流下能力不足を解消するため、平成19年4月より運用を開始している。また、千代田新水路にはサケやウグイを含め十勝川を遡上・降河する魚類の通り道として2種類の魚道(階段式魚道・水路式魚道)を設置し、運用開始と同時に通水している。本発表では、通水を開始した2種類の魚道について、その背景や平成19年11月までに実施した魚類の遡上状況について報告し、今後の基礎資料としたい。
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.