シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

 サロベツ地区の環境配慮について-緩衝帯実証試験 中間報告 第2報-

作成年度 2007年度
論文名 サロベツ地区の環境配慮について-緩衝帯実証試験 中間報告 第2報-
論文名(和訳)
論文副題 平成19年度(環-19)
発表会 平成19年度技術研究発表会
誌名(No./号数) 平成19年度技術研究発表会
発表年月日 2008/02/01
所属研究室/機関名 著者名(英名)
菅原澄
加茂榮哉
佐藤禎示
抄録
国営総合農地防災事業「サロベツ地区」は、宗谷支庁管内西部に位置する豊富町の泥炭地4,504haを対象に、泥炭土に起因して機能低下した農地及び農業用排水路の機能回復を目的に、農地保全工及び農業用排水路を整備することとしている。本報は昨年度の緩衝帯実証試験結果を踏まえ、その後の地下水位変動状況を分析し、植生調査の状況と併せて報告するものである。
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.