シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

 網走湖塩淡境界層制御実験について(第1報)-塩水遡上制御効果について-

作成年度 2007年度
論文名 網走湖塩淡境界層制御実験について(第1報)-塩水遡上制御効果について-
論文名(和訳)
論文副題 平成19年度(環-25)
発表会 平成19年度技術研究発表会
誌名(No./号数) 平成19年度技術研究発表会
発表年月日 2008/02/01
所属研究室/機関名 著者名(英名)
大田見定
羽石功
中島州一
抄録
網走川下流に位置する網走湖は、観光及び内水面漁業の場として地域経済に大きな役割を果たしている。一方、網走湖はオホーツク海より流れ込んだ塩水が蓄積することにより上部が淡水層、下部が高濃度の栄養塩を含む無酸素塩水層の二層構造となっている。近年、湖内の富栄養化の進行に伴い藍藻類の異常増殖より生じる「アオコ現象」、下層の無酸素塩水層が強風下で上昇することにより生じる「青潮現象」といった水質障害が頻発している。本報告は、塩淡境界層を降下・安定させる具体的な手法を検討するために、海水の逆流を制御する実験を行った結果について報告するものである。
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.