シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

 千歳川におけるカワヤツメ幼生の分布について-河道掘削に伴う幼生の捕獲・放流-

作成年度 2007年度
論文名 千歳川におけるカワヤツメ幼生の分布について-河道掘削に伴う幼生の捕獲・放流-
論文名(和訳)
論文副題 平成19年度(環-28)
発表会 平成19年度技術研究発表会
誌名(No./号数) 平成19年度技術研究発表会
発表年月日 2008/02/01
所属研究室/機関名 著者名(英名)
横山享平
船木博康
塚本博紀
抄録
近年、石狩川においてはカワヤツメの漁業捕獲量が激減しているが、学術的にカワヤツメの生態が解明されていないことから、河川工事がカワヤツメの生息環境に与えている影響について明確に評価することは難しい現状となっている。平成15年度より、千歳川の浚渫・掘削工事に際して、事前のカワヤツメ幼生捕獲・放流調査を実施し、浚渫・掘削工事の事後には経年変化を捉えるため、支川・樋門の流入、河岸微地形など地形条件の異なる箇所を選定し、カワヤツメ幼生分布追跡調査を実施している。本報文は、カワヤツメ幼生分布状況と河岸微地形との相関について評価を行う。
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.