シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

 豊平川左岸域の地下水位変動及び地下水温の垂直分布観測

作成年度 2007年度
論文名 豊平川左岸域の地下水位変動及び地下水温の垂直分布観測
論文名(和訳)
論文副題 平成19年度(環-40)
発表会 平成19年度技術研究発表会
誌名(No./号数) 平成19年度技術研究発表会
発表年月日 2008/02/01
所属研究室/機関名 著者名(英名)
深見浩司
長谷川雄太
佐倉保夫
抄録
札幌市中心部が位置する豊平川左岸域から石狩湾岸にかけては、道内でも地下水利用が盛んな地域の一つである。1960~70年代からかけて、北海道開発局・北海道・札幌市など各行政機関が地下水位観測を開始した。北海道開発局は河川管理との関連で、北海道と札幌市は地盤沈下との関連でと、それぞれ目的は異なっているが、現在でも観測は継続されている。本報告では、このうち北海道立地質研究所の地下水位の30年以上にわたる観測結果をとりまとめ、帯水層ごとの水位変動の相違等について報告する。一方、2007年8月には、北海道開発局と札幌市が所管する観測井を含めて、地下水温の垂直分布の観測を行った。同様の水温観測は2000年前後にも2回ほど行っており、それらと比較した結果等についても述べる。
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.