シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

 乳牛ふん尿起源バイオガスからの水素製造技術とその地域利用に関する考察

作成年度 2007年度
論文名 乳牛ふん尿起源バイオガスからの水素製造技術とその地域利用に関する考察
論文名(和訳)
論文副題 平成19年度(環-43)
発表会 平成19年度技術研究発表会
誌名(No./号数) 平成19年度技術研究発表会
発表年月日 2008/02/01
所属研究室/機関名 著者名(英名)
大久保天
主藤祐功
秀島好昭
抄録
水素エネルギー利用は、温室効果ガス排出など環境負荷を低減する次世代のエネルギーシステムとして注目されている。また、水素はソーダ電解工場等からの副生水素や水の電気分解、バイオマスの改質など多様な方法で製造可能であり、エネルギー供給源の多様化と分散型エネルギー利用の観点からも重要である。現在、都市ガス改質型の燃料 電池システムの商用化が先行して進められているところであるが、今後農村地域においてもバイオマスや自然エネルギーを利用した水素エネルギーシステムの構築が重用になっていくものと考えられる。そのとき酪農村地域では、家畜ふん尿から発生する豊富なバイオガスを原料として水素を製造・利用することが考えられる。独立行政法人土木研究所寒地土木研究所では、北海道東部の別海町にバイオガスから水素製造を行う実験プラント(BTHプラント:Biogas To Hydrogen)を設置し、隣接する共同利用型バイオガスプラント(別海資源循環試験施設)から発生するバイオガスを原料に実証研究を行ってきた。これまでBTHプラント運転実験において、バイオガスからの水素製造プロセスの長時間連続運転の実証や適正な反応条件探索、オペレーション手法開発等を行ってきた。本研究はこれまでの研究成果を基礎に、地域における水素エネルギー利用について検討し定量的な評価を行うものである。最初にプラント実証実験の一例と実験データを基に試算した水素供給量について述べ、次にその結果に基づき地域におけるBTHプラントを核とした水素エネルギー利用モデルの環境性及び経済性の試算を行い、現状との比較によりその有効性の評価と課題の検討を行った。
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.