シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

 反射率低減を目的とした直立消波堤の最適断面形状の検討-数値波動水路(CADMAS-SURF)の適用-

作成年度 2007年度
論文名 反射率低減を目的とした直立消波堤の最適断面形状の検討-数値波動水路(CADMAS-SURF)の適用-
論文名(和訳)
論文副題 平成19年度(技-10)
発表会 平成19年度技術研究発表会
誌名(No./号数) 平成19年度技術研究発表会
発表年月日 2008/02/01
所属研究室/機関名 著者名(英名)
長谷一矢
丸山修治
抄録
直立消波堤は直立壁前面にスリット壁と遊水室を有する構造であり、高い消波性能と安価な建設コストを兼ね備えた優れた構造形式のひとつである。直立消波堤に関する研究の歴史は古く、その水理特性についてはかなり明らかにされてきている。その代表的な研究成果としては谷本・吉本らの論文が挙げられ、現在、多くの直立消波堤の設計において参照されている。しかし、この研究は水平床で基礎マウンドの無い条件での実験結果に基づくものであり、あらゆる構造緒元を適切に反映できるものではない。そのため水理模型実験を行って構造緒元を決定する場合が少なくない。しかしながら、直立消波堤の消波性能を左右する要因はスリット形状、遊水室形状など多々あり、全ての要因を考慮した水理模型実験には多くの時間と労力を要する。そこで、2次元断面水路における水理実験をPC上で行うことができる数値波動水路(CADMAS-SURF)を併用して、より効率的に断面検討を行うことを試みた。これまでにも小竹らによって横スリットタイプ直立消波堤を対象にCADMAS-SURFの適用性が検討され、その適用性の高さが報告されている。本報告は、縦スリットタイプの直立消波堤を対象としてCADMAS-SURFの適用性を確認し、具体的な断面検討を行うことにより、CADMAS-SURFを利用した断面検討の発展に資することを目的とする。
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.