シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

 肥培かんがいが土壌の理化学性に及ぼす影響の評価

作成年度 2007年度
論文名 肥培かんがいが土壌の理化学性に及ぼす影響の評価
論文名(和訳)
論文副題 平成19年度(技-34)
発表会 平成19年度技術研究発表会
誌名(No./号数) 平成19年度技術研究発表会
発表年月日 2008/02/01
所属研究室/機関名 著者名(英名)
桑原淳
横濱充宏
抄録
北海道では広大な酪農地帯が分布し、乳牛より排泄された糞尿をかんがい水により希釈して、液肥として草地圃場に還元する肥培かんがい事業が広く行われている。その効果の一つに草地圃場の土壌理化学性改善がある。実圃場レベルでその効果を検証することが望ましいが、各圃場には管理手法や地形条件等の違いが存在し、それらが土壌の理化学性に大きな影響を与えている。そのため、スラリーの施用圃場と非施用圃場において同一深度の土層の土壌理化学性を単純に比較しても、その差異が肥培かんがいによるものか他の要因であるか判断できない。そこで散布した曝気スラリーの浸透が地表5cmまでであることに着目し、表層5cmの各分析項目値から直下5~10cmのそれらの値を差し引くことで他の要因に由来する差異を分離し、肥培かんがいが土壌理化学性に及ぼす効果を明らかにした。
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.