シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

 千代田実験水路の基礎的な水理特性

作成年度 2007年度
論文名 千代田実験水路の基礎的な水理特性
論文名(和訳)
論文副題 平成19年度(技-44)
発表会 平成19年度技術研究発表会
誌名(No./号数) 平成19年度技術研究発表会
発表年月日 2008/02/01
所属研究室/機関名 著者名(英名)
島田友典
渡邊康玄
横山洋
抄録
北海道の一級河川である十勝川において治水安全度を向上させることを目的に、日本最大となる起伏式ゲートを4門配置した千代田新水路が2007年4月より運用を開始している。千代田実験水路はこの千代田新水路の一部を活用することで、最大で170m3/sもの流量を通水させ人工洪水を発生させることが出来る日本最大規模の実物大河川実験施設である。この水路を用いた実験は2009年度から行なわれる予定であるが、これに先立ち2007年度から2008年度にかけて実験水路の基礎的な特性を明らかにし、今後の実験に向けた基礎資料とすることを目的に予備実験を実施している。本論文は今年度に実施した予備実験の内、主に水理特性について報告するものである。
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.