シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

 札内川ダム堤体内排水設備スケール問題について

作成年度 2007年度
論文名 札内川ダム堤体内排水設備スケール問題について
論文名(和訳)
論文副題 平成19年度(技-45)
発表会 平成19年度技術研究発表会
誌名(No./号数) 平成19年度技術研究発表会
発表年月日 2008/02/01
所属研究室/機関名 著者名(英名)
志和充将
以後昭洋
狩野恭彰
抄録
札内川ダムは、十勝川の支川の一つである札内川の上流に位置し、平成11年4月に運用を開始した堤高114m、堤頂長300m、流域面積117.7km2、総貯水容54,000,000m3の多目的ダムである。本ダム堤体内の排水設備は、近年になってスケール(排水中に溶け込んでいる成分が不溶性となって析出・沈殿・付着したもの)が急速に付着・成長し、排水ポンプの故障や排水管の断面減少が生じ、維持管理に重大な支障が生じている。本研究では、この問題を抜本的に解決することを目的として、スケール発生と付着の原因とメカニズムを究明した。次いでこの知見を基に、札内川およびダム直下の上水利水の水質に影響を与えない対策方法を検討し、排水設備改修に向けての有用な知見を得た。本論文では、そのうち水質コントロールによる対策検討の成果につき報告する。
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.