シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

 バイパス暫定供用に伴う主交通切替えの周知について~釧路新道供用~

作成年度 2007年度
論文名 バイパス暫定供用に伴う主交通切替えの周知について~釧路新道供用~
論文名(和訳)
論文副題 平成19年度(技-49)
発表会 平成19年度技術研究発表会
誌名(No./号数) 平成19年度技術研究発表会
発表年月日 2008/02/01
所属研究室/機関名 著者名(英名)
前田哲哉
蹴揚一男
田中一也
抄録
一般国道38号釧路新道は、釧路都市圏内通過交通のバイパス機能を果たすことにより、釧路市街地の渋滞緩和を図ることを目的とした延長8.8kmのバイパス道路である。これまでに4.5kmが供用されており、平成19年2月5日に3.2kmの延伸供用を実施し、供用延長7.7kmとなった。釧路新道は、延伸供用により接続する主要道道との交通ネットワークが形成されることから、延伸供用と同時に国道38号の主交通を釧路新道へ切替える作業も実施することとなった。今回の報告は、主交通切替えによる交通混乱回避のための事前情報提供等による対策を行った内容について報告する。
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.