シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

 鋼床版の疲労耐久性に関する損傷対策手法の提案-一般国道337号美原大橋-

作成年度 2007年度
論文名 鋼床版の疲労耐久性に関する損傷対策手法の提案-一般国道337号美原大橋-
論文名(和訳)
論文副題 平成19年度(技-54)
発表会 平成19年度技術研究発表会
誌名(No./号数) 平成19年度技術研究発表会
発表年月日 2008/02/01
所属研究室/機関名 著者名(英名)
東真次
村上利一
三田村浩
抄録
鋼床版の疲労耐久性向上を目的として高靭性セメント複合材料(ECC)を用いた上面増厚鋼床版を採用した美原大橋において、ECCのブロック化および舗装すべりの2つの損傷が顕在化したことから、損傷メカニズムの究明および対策工法の提案を目的として各種実験を実施した。本文では、ECCのブロック化を対象として、実験結果に基づき損傷メカニズムを推定するとともに、提案した対策工法の妥当性を検証し現場に適用した結果について報告する。
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.