シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

 東オホーツクでの「新しいみちのマネジメント」について-協働型インフラ・マネジメントの導入-

作成年度 2007年度
論文名 東オホーツクでの「新しいみちのマネジメント」について-協働型インフラ・マネジメントの導入-
論文名(和訳)
論文副題 平成19年度(参-11)
発表会 平成19年度技術研究発表会
誌名(No./号数) 平成19年度技術研究発表会
発表年月日 2008/02/01
所属研究室/機関名 著者名(英名)
井内彰弘
河崎拓実
荒井一憲
抄録
網走開発建設部では、建設部道路計画課と協力して、学識者のご指導のもと、『協働型インフラ・マネジメント』通称"新しいみちのマネジメント"の制度設計に取り組んでいる。本手法は、「使える道路」をキーワードとして、道路とその沿道を一体空間として魅力向上を、地域の魅力・弱点を十分に理解し、地域の実情に即し、「こうすれば使える」といった知恵を出し合って、地域・ユーザーと行政が協働して作り上げるというものである。本稿では、今後の道路計画・整備・運用の決定プロセスになるであろう"新しいみちのマネジメント"の概要を述べるとともに、平成17年度から世界自然遺産に指定された知床(国道334号斜里~ウトロ間)において「基本プランの作成⇒プランに基づく施策実施⇒施策の効果の評価⇒地域活性化の方向性検討」といったPDCAサイクルの実践内容を報告する。
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.