シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

 地域の方々とのコミュニケーション活動について-旭川開発建設部地域振興対策室の取り組み-

作成年度 2007年度
論文名 地域の方々とのコミュニケーション活動について-旭川開発建設部地域振興対策室の取り組み-
論文名(和訳)
論文副題 平成19年度(参-12)
発表会 平成19年度技術研究発表会
誌名(No./号数) 平成19年度技術研究発表会
発表年月日 2008/02/01
所属研究室/機関名 著者名(英名)
筒井紀行
湯口雄司
山田大介
抄録
国土交通省(北海道開発局)は国民生活に密着した官庁として、「人々の生き生きとした暮らしと、これを支える活力ある経済社会、日々の安全、美しく良好な環境、多様性のある地域を実現するためのハード・ソフト基盤を形成すること」を使命とし、各種の施策及び事業を推進している。これらの実施にあたっては、国民の理解と協力そして信頼を得ることが不可欠であり、施策や事業のアカウンタビリティの向上とともに、国民からの意見聴集や国民との双方向コミュニケーション活動が課題となっている。旭川開発建設部地域振興対策室では、地域の方々からの意見や提案を取り入れ、地域活性化につなげる様々な取り組みを実施しており、地域の方々との双方向のコミュニケーション活動を積極的に行っている。この活動の一環として、地域の方々の活動を紹介する「旭建セミナー」と旭川のコミュニティFM「FMりべーる」において開発建設部長がパーソナリティを務める番組を実施している。本稿では、これらの取り組みを紹介するとともに、コミュニティFM出演者、旭建セミナーで講師を務めて頂いた方々を対象としたアンケート調査の結果と、取組みの効果及び課題を報告するものである。
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.