シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

 弟子屈町における環境と観光の両立に向けた取り組みについて-自転車を活用した環境にやさしい観光交通及び滞在型観光の創出-

作成年度 2007年度
論文名 弟子屈町における環境と観光の両立に向けた取り組みについて-自転車を活用した環境にやさしい観光交通及び滞在型観光の創出-
論文名(和訳)
論文副題 平成19年度(協-3)
発表会 平成19年度技術研究発表会
誌名(No./号数) 平成19年度技術研究発表会
発表年月日 2008/02/01
所属研究室/機関名 著者名(英名)
江口将之
桐木茂雄
松岡友之
抄録
弟子屈町は摩周湖、屈斜路湖、硫黄山など観光資源に恵まれた道内有数の観光地である。しかし、多くの観光客が訪れる反面、町内景勝地や主要道路沿線では大量のゴミが散乱し、摩周湖第1 展望台をはじめとする主要駐車場においては観光客からガス臭気に対する苦情も寄せられている。また、近年摩周湖の透明度低下や樹木の立ち枯れなど自然環境が悪化している傾向が見受けられ、先を見通した環境保全策への対応が急務となっている。環境悪化の原因としては自動車交通による排気ガスの影響や、地球温暖化物質排出等による様々な要因が考えられているが、貴重な自然環境を地域の資源として地域の安定的な発展に結びつけていくため、自然環境の適切な保護、管理と利用の健全な組み合わせ、次世代にまでつながる地域の持続的発展システムを構築していくことが必要であり、その1つとして自然環境に配慮した観光交通体系の構築が大きな課題となっているところである。
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.