シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

 札内川の水害とその復旧対策について

作成年度 1957年度
論文名 札内川の水害とその復旧対策について
論文名(和訳)
論文副題 昭和31年度(51)
発表会 昭和31年度技術研究発表会
誌名(No./号数) 昭和31年度技術研究発表会
発表年月日 1957/09/01
所属研究室/機関名 著者名(英名)
村田忠
抄録
札内川は急峻なる日高山脈を分水嶺とし、北東流すること82kmにして十勝川本流に合する十勝有数の急流河川である。日高山系の堅牢な岩質に影響され、この川で生産される砂利、玉石、重石は北海道随一の良質のものである。その流域の大部分は昼なほ暗き原子林に覆われているが、近時山林の乱伐により、上流の渓谷は荒廃し、風倒木と崩壊せる砂礫に埋まり、一旦豪雨あれば忽ち土砂流となって奔流し、大洪水となる公算大にして、誠に憂うべきものがある。
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.