シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

 浸透流に対する泥炭築堤の安全性に関する現場実験計画について

作成年度 1957年度
論文名 浸透流に対する泥炭築堤の安全性に関する現場実験計画について
論文名(和訳)
論文副題 昭和31年度(54)
発表会 昭和31年度技術研究発表会
誌名(No./号数) 昭和31年度技術研究発表会
発表年月日 1957/09/01
所属研究室/機関名 著者名(英名)
須藤良太郎
抄録
開発事業の進展に伴ない、泥炭地を流れる蛇曲した河川を切替え、捷水路を新設することによって、土地の高度な利用化を図ろうとする事業も最近力強く進められているが、この切替水路の築堤材料として、泥炭が既に2~3の地区(幾春別川新水路、旧豊平川新水路等)において用いられ、また経費等の面から今後もこれを用いることを余儀なくされている。しかし一般に泥炭を築提材料として用いることは、その材料という点からみて、大変不適当なものを考えられており、堤体としての役割を果たしうるか否かについては多くの疑点がある。なかんずく、これが洪水の際にその水圧ならびに浸透流に対して安全か否かについては推論の域を出ず、危惧の念を抱かざるをえないものがある。殊に泥炭地という軟弱な地盤上に築提するため、堤体だけでなくその地盤の安全性を含めて深く懸念されるのである。これらは泥炭およびその地盤の土性の複雑性のため、机上その他簡易な室内実験だけでは充分な研究が行い難いために、その地盤の力学的ならびに水理学的究明が不明瞭な部分を含んだままになっていることに大きい原因があると思われる。このためこの問題を究明する一手段として、現場実験が考えられ、実証的な面から研究を進めることになった。
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.