シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

 樋管・樋門形式による内水処理について

作成年度 1957年度
論文名 樋管・樋門形式による内水処理について
論文名(和訳)
論文副題 昭和31年度(56)
発表会 昭和31年度技術研究発表会
誌名(No./号数) 昭和31年度技術研究発表会
発表年月日 1957/09/01
所属研究室/機関名 著者名(英名)
長縄高雄
抄録
戦後水源の荒廃、国土利用の高度化による遊水地の耕地化、改修工事の進展等のため、洪水時の出水は早くなり、またその頻度も多くなるに伴なって、堤内地の排水が重要な課題となってきた。堤内地の排水は程度の差はあれ、以前より問題となっていたのであるが、洪水による直接の被害に比較すると、回数は多いが致命的なものではなく、したがって従来の計画の盲点となっていた憾があり、国土利用の高度化、特に本道の多角的開発が強く叫ばれている現在、河川改修と結びついて堤内排水処理の問題がとり上げられるようになったことは当然と言わなければならない。ここには樋管・樋門形式による場合の内水処理、特に断面決定について述べる。
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.