シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

 ルベシベ地区重抜根工事について

作成年度 1957年度
論文名 ルベシベ地区重抜根工事について
論文名(和訳)
論文副題 昭和31年度(82)
発表会 昭和31年度技術研究発表会
誌名(No./号数) 昭和31年度技術研究発表会
発表年月日 1957/09/01
所属研究室/機関名 著者名(英名)
村田次夫
抄録
ルベシベ地区開拓地内耕地の障害になる根株を、昭和24年から火薬により抜根してきたが、計画面積1,350町歩のうち29年度までに300町歩完了したが、火薬類の費用が大で、事業費の割に事業量が意のように進まないため、レーキドーザーの併用により少量の火薬を使用して根株を2~3つ割とし、レーキドーザーで残根を完全抜根し、耕耘・砕土および除草等の機械操作の能率を促進し、抜根費の削減を図らんとするものである。本30年度は、機械および火薬併用の第1段階として、下記の計画に基づき試験的に実施したものである。(1)施 工 面 積 50町歩、1戸当たり 5反 100戸分(2)抜根数量および樹種 調書のとおり(3)使 用 機 械 NTK-4型 レーキドーザー 2台(4)火 薬 使 用 量 樹径1.0~1.5尺は使用せず、樹径1.5尺以上のみ使用(5)施 工 方 法 直営
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.