シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

 合成箱桁橋の解法について

作成年度 1957年度
論文名 合成箱桁橋の解法について
論文名(和訳)
論文副題 昭和31年度(2)
発表会 昭和31年度技術研究発表会
誌名(No./号数) 昭和31年度技術研究発表会
発表年月日 1957/09/01
所属研究室/機関名 著者名(英名)
岡元北海
抄録
本文は弾性梁に支持された版としての理論を用いて合成桁橋の解析を行ったものである。この理論によると連続版が箱桁に及ぼす影響が判り、特に跳ね出し部分の版が箱桁に非常なる影響を及ぼしている事が判る。この方法を用いて鉄筋コンクリート床版と合成した単純箱桁橋に適用して、この理論による計算をし、版が箱桁に及ぼす影響を明らかにした。
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.