シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

 サロベツ川における流泥客土について

作成年度 1957年度
論文名 サロベツ川における流泥客土について
論文名(和訳)
論文副題 昭和31年度(68)
発表会 昭和31年度技術研究発表会
誌名(No./号数) 昭和31年度技術研究発表会
発表年月日 1957/09/01
所属研究室/機関名 著者名(英名)
大西英夫
奈良林節夫
抄録
天塩川の一支流である本川は、猿払村と豊富村との境界付近にその源を発して西に流れ、海岸沿いに南下して天塩川に合流する。これはサロベツ原野とこれに連なる排水河川である。本川は原野にはいってからは、ほぼ海岸沿いに南下して天塩川に注いでいるが、ほとんど勾配が無いので、毎年の融雪豪雨の出水時には、原野の半ば近くが洪水氾濫し、長時間滞水する状態である。この氾濫に際し、山地からおびただしい土砂を運搬し、原野内に沈殿推積せしめている。この自然の流泥により、特に河川沿岸は土砂の推積著しいものがある。
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.