シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

 舗装コンクリートについて(2級国道 函館松前江差線)

作成年度 1957年度
論文名 舗装コンクリートについて(2級国道 函館松前江差線)
論文名(和訳)
論文副題 昭和31年度(45)
発表会 昭和31年度技術研究発表会
誌名(No./号数) 昭和31年度技術研究発表会
発表年月日 1957/09/01
所属研究室/機関名 著者名(英名)
中山有志
抄録
2級国道函館松前江差線は現在砂利道であるが、近年における交通量の増加と最近の上磯セメント工場~函館包装所間には大型セメント輸送車8台(20t車5台、14t車3台)を配してセメントを輸送しているために、砂利道の維持では到底耐ええず、ここに舗装道の新設がされたもので、今回施工されたのは舗装巾員7.50m、舗装厚20cm、延長900mのコンクリート舗装で、昭和30年9月着工同年11月竣功したが、そのうち舗装版設計の概要とコンクリートの品質管理について述べたい。
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.