シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

 護岸根固としての混成捨十字ブロックについて

作成年度 1958年度
論文名 護岸根固としての混成捨十字ブロックについて
論文名(和訳)
論文副題 昭和32年度(25)
発表会 昭和32年度技術研究発表会
誌名(No./号数) 昭和32年度技術研究発表会
発表年月日 1958/09/01
所属研究室/機関名 著者名(英名)
茅花 実
抄録
河川の護岸には、高水護岸と低水護岸があるが、後者の場合、異常深堀れによる水深大なる箇所の護岸根固に適する工法を探すのに苦心している。この深掘れの原因でもある螺旋流に抵抗する工法を選定するにあたって、(1)透過的なものであること(2)耐久力が大であること(3)使用材料が入手し易いこと(4)工費が低廉であること(5)工法を簡素化でき施工が容易であること(6)洗掘に対して屈撓性があること(7)磨耗および腐朽に対する耐久性が大であることなどの点を考慮して、これらをおおむね満足する工法として混成捨十字ブロックを採用し、昨31年12月施工した。流速を殺ぎ、堆砂を促し、さらに対岸の寄州の増大を阻止し、低水護岸を固定化して、背後の堤防の安全を計ることをねらいとしたものである。
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.