シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

 留萠港付近の風と波に関する二、三の考察

作成年度 1958年度
論文名 留萠港付近の風と波に関する二、三の考察
論文名(和訳)
論文副題 昭和32年度(52)
発表会 昭和32年度技術研究発表会
誌名(No./号数) 昭和32年度技術研究発表会
発表年月日 1958/09/01
所属研究室/機関名 著者名(英名)
服部典節
抄録
現在まで得られた波浪観測値H0と、追算値Hr(天気図から海面温度、気圧状態に対する補正を加へ算出する)とを比較し、図52-1,2を得た。波高H0に対するHrの分散は、推定の個人差などによるものであるから、これらをならして曲線を引き、これを用いて、その土地における推定値の精度を高めることができる。周期についても同様である。
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.