シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

 音更橋架換工事寒中コンクリートの電熱養生について

作成年度 1958年度
論文名 音更橋架換工事寒中コンクリートの電熱養生について
論文名(和訳)
論文副題 昭和32年度(8)
発表会 昭和32年度技術研究発表会
誌名(No./号数) 昭和32年度技術研究発表会
発表年月日 1958/09/01
所属研究室/機関名 著者名(英名)
三原貞雄
抄録
音更橋の計画概要は下部構造橋台2基橋脚6基、上部構造はポストテンション式PC桁であり、総延長225,5mである、昭和31年度においては橋台1基、橋脚井筒工6基を予定して現在施工中である。帯広地方の地理的条件による冬季間の低温と相当の季節風は、冬季間におけるコンクリート打設工事に大きな障害となっている。防寒施設を要するコンクリート容積700m3の内、現在まで550m3の寒中コンクリートを施工してきた。これら寒中コンクリートの電熱養生について工事報告をする。
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.