シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

 ポゾリスの使用結果について

作成年度 1958年度
論文名 ポゾリスの使用結果について
論文名(和訳)
論文副題 昭和32年度(10)
発表会 昭和32年度技術研究発表会
誌名(No./号数) 昭和32年度技術研究発表会
発表年月日 1958/09/01
所属研究室/機関名 著者名(英名)
淵上博司
抄録
本報告は、稚内港において防砂堤災害復旧工事粗石コンクリートおよび護岸工事場所詰コンクリートにポゾリスを使用した結果についてのものであって、その良否は早急に断定することはできないが、一部良結果を得た点を報告する。現在コンクリート工事においては、良いコンクリートを作る一つの方法として混和剤を使用することが行われている。良いコンクリートを造るのに一番大切なことは、使用水量の問題であることは周知の事実である。このことは強度・耐久性・水密性などがすぐれ、容積変化の小さいコンクリートを造ると云う点から考えて明らかで、この事項に合致するよう分散剤ポリゾスを使用して良いコンクリートを造るべく施工した。使用水量を少なくすることは、凍結融解を受けるコンクリート、寒中施工のコンクリートに特に重要な問題点で、凍結はコンクリート中の水の存在によるものであるから、この水の少ないほどあらゆる点で有利なことは勿論である。したがって、分散剤を使用すると有利な結果が得られるのではないかと推測することができる。また租石との付着を考えると、他のAE剤より優れているとの点をも考慮した。寒中コンクリートはある程度硬化促進作用を補う必要のあることも考えなければならない。以上の点から、分散剤ポゾリスNo.5を前二者の目的に、No.10を後者(寒中コンクリート)のために使用して施工を行った。
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.